セフレは百薬の長なり

セフレは百薬の長なり

セフレはお年寄りの間でも流行っています。60歳、70歳代の人が集まる催しなどがありますが、
何組かのセフレと思われるペアを見かけます。男性の生殖機能は70歳になってもまだまだ元気な人が沢山います。
性欲のはけ口に男はセフレを求めてさ迷い歩きます。  

 

しかし老人のセフレはさっぱりしたものではありません。若い人のように妻も、主人も、子供もいながら、
街のホテルで会ってセックスだけを楽しみその後はさっと別れて知らん顔というセフレ関係は難しいようです。
どうしてもさっぱりしたセフレではなくて、愛人関係のようになってしまっています。長い間の人生経験がそうするのだと思います。  

 

しかしセフレは健康の為にもいいと思います。ホルモンの分泌を盛んにしてより長く若さを保つことが出来るからです。
気持ちに張り合いが出来ます。心が充実してきます。体に抵抗力が出来て、病気を撃退してしまいます。いつまでも元気に過ごすことが出来ます。
酒は百薬の長ならぬ、セフレは百薬の長であると言えます。   

 

但し配偶者がある人はセフレがいることがばれないようにすることが肝心です。
高齢になって家庭内が男女関係のことでごたごたするのは願い下げです。このことだけに注意してセックスを楽しみましょう。
セフレが欲しいと思ったら@即日でヤレるのはこの出会いサイトだ!